脂質異常症(高脂血症)の敵とは?脂肪の種類と、その傾向と対策

脂質異常高脂血症)の敵と言えば「脂肪」ですよね。一口に脂肪と言っても、色々あって、「皮下脂肪」、「内臓脂肪」などがあり、それらを総称して「中性脂肪」と言います。ダイエットではこの「中性脂肪」を燃焼して減らすことを目的としますが、脂肪にも役割があり、ただただ減らせばいいと、目の敵にしてもいられないのです。そこで、それぞれの脂肪の役割と、その効率的な落とし方について調べてみました。

<皮下脂肪とは>
皮下脂肪と言うのは、文字通り「皮膚の下」に溜まる脂肪の事です。主な役割としては、何かにぶつかったときに衝撃を吸収するクッション的なものや、寒い時などの体温の維持。また、生命を維持するための備蓄エネルギーとしても利用されます。男性よりも女性に付きやすいと言われています。因みにおっぱいもこの皮下脂肪でできています。内臓脂肪に比べると、生活習慣病のリスクは少ないですが、燃焼しにくく、外見に反映されやすい特徴もあります。

<内臓脂肪とは>
内臓脂肪と言うのは、内臓の周囲に付く脂肪を指します。皮下脂肪に比べ、付きやすく、落としやすいのが特徴です。また、メタボなど「生活習慣病」のリスクも高まります。よくダイエットで落とす対象となるものですね。しかし、これにも役割があり、内臓を正しい位置に整えたり、外部からの内臓への衝撃を緩和したりする効果があります。男性や、閉経した女性などに多く、昔は運動していたけど、今はしていないなどと言う人にもよく見られるそうです。

<中性脂肪とは>
中性脂肪は皮下脂肪、内臓脂肪の総称で、また、体脂肪の元となる物です。また、コレステロールとも似ているとされます。体脂肪は体全体に付いた脂肪を、中性脂肪はお腹などに付いた贅肉を指すことが多いようです。コレステロールは消費するものではなく、体内の組織を作るのに使われます。中性脂肪が増えすぎると、肝臓などに溜まり、脂肪肝などを引き起こす可能性も出てきます。更に進んで、肝硬変や、脳梗塞などになる可能性もあるので注意が必要です。

<脂肪を燃焼させるには>
脂肪を燃焼させるには、有酸素運動が効果的だと言われています。より効果を上げたいのならば、無酸素運動と組み合わせると良いそうです。例えば筋トレしてから、ジョギングをする、と言った感じですね。簡単にできる有酸素運動だとウォーキングがあります。脂肪の燃焼には時間がかかるので、30分程度は続けて歩かないと、効果は得られません。また、即効性もありませんので、2~3日歩いたからと言って何かが変わることもないでしょう。「体重60kgの人が普通の速度で30分歩くと、100kal」を消化できて、体重を1kg落とすには7000kalも消化する必要があるそうです。毎日歩いて、一ヶ月でやっと1kg落ちるかどうかぐらいですね。ただ、体重の変動だけでは正確なものはわかりませんので、定期的に血液検査で中性脂肪値を計りながら行うとより効果的でしょう。

ダイエットはある程度目的によってやることが変わります。見た目が痩せて見えるといいならば、筋肉を付け、贅肉を抑え込むこともできます。体重を減らしたいならば、食事制限などの手もあります。しかし、食事制限をすると、筋肉が落ち、逆に痩せにくい体質になりますし、筋肉を付けすぎると、脂肪を燃焼しやすくなりますが、筋肉太りで体重は増えるかもしれません。適度に筋肉を付けて、必要な脂肪を残すのが、一番体には良さそうです。体重や、見た目の変化だけではなく、血液検査などでしっかりとケアしながらボディケアしていきたいですよね。

高脂血症の食事!ドロドロ血液をサラッサラに変える梅干しの効果!

●梅干しの知られざる栄養素

食卓に梅干し、お弁当に梅干し、おにぎりに梅干し、お茶漬けに梅干し。

梅干しは様々な食事のお供として欠かせない存在であり、どこの家庭の冷蔵庫にも必ずといっていいほど置いてあるものです。

実は普段何気なく食べているこの梅干しには、沢山の栄養素が含まれている事をご存知でしたか?

そして、このあまり知られていない梅干しの栄養素の中に生活習慣病によってドロドロになってしまった血液をサラサラにしてくれる″ある″栄養素が含まれています。

血液がドロドロになってしまうと、心筋梗塞や脳梗塞といった重い病気にかかってしまうリスクが高くなります。

『長年吸ってきたタバコがなかなかやめられない』

『魚料理?いや断然肉料理でしょ!』

『甘いものが大好きで1日中お菓子を食べている』

『運動?仕事から帰って疲れてるのにまで運動などする気がおきないよ』

等といった体にあまり良くない生活習慣を繰り返している方は特に要注意。しかし梅干しを食べることでそのドロドロになってしまった血液をサラサラなものに変える事ができるのです。

●梅干しが血液にもたらす作用・栄養素

血液をドロドロにしてしまう原因の一つに食事からくるものがあります。
偏った食生活、塩分の高い食事のとりすぎによるものです。

梅干しに多く含まれるクエン酸という成分が、このドロドロになってしまった血液の流れをスムーズにし、血栓(血液がなんらかの形で塊になってしまい血管を傷つけてしまう状態)になるのを防いでくれます。

また、クエン酸は酸性と思われがちですが実はアルカリ性の性質をもっています。
現代人が多く摂取しやすい、牛肉等には酸性の成分が多く含まれています。この酸性のものの過剰摂取は体を悪くしてしまう元凶です。

この摂りすぎている酸性をクエン酸のもつアルカリ成分で中和することにより、重い病気にかかるリスクを減らしてくれます。

しかし、梅干しも塩分が高いから摂取すれば血液がドロドロになるのでは?

確かに梅干しには塩分も含まれています。これはどんなものにも言えることですが、どんなに栄養素が多く含まれているスーパーフードや、健康補助食品でも過剰に摂りすぎると体に良くありません。

梅干しもそうです。勿論体に良いからと一日に何個も食べてしまうと体の必要とする塩分量を越えてしまい病気のリスクを高めてしまったり、胃に大きな負担をかけてしまいます。

何事も程々が丁度よいのです。

●その他の病気の予防にも!

このクエン酸は、疲れの原因になる活性酸素を体から除去してくれる抗酸化作用もあります。また、カルシウム、ビタミン類、ミネラル等沢山の栄養素も含まれている為、インフルエンザ予防、アレルギー予防、腸内の調子を良くしてくれる作用や、美容にも役に立つ万能アイテムなのです。

●まとめ

普段何気なく食べている梅干し。これはただの酸っぱくてご飯に合うだけの食べ物ではなく、遠い昔から沢山の人に愛されてきた健康食品の一つなのです。

梅干しを適度に食事にとりいれて、運動も適度にして、よい生活習慣を送れるようにしましょう。

高脂血症の血液ドロドロはどのようにして起こるか?改善方法は?

私達の生活の中では「血液」という言葉ほど重要な物はありません。人間の健康と同じように、血液でも健康な血液と不健康な血液と2種類が存在します。
健康な血液は「サラサラ」不健康な血液は「ドロドロ」で想像する方が多いと思われます。血液のドロドロはどのようにして起こるかまとめてみました。

血液のドロドロというのは言い換えると生活習慣病の一つの要因に例えられます。これを人間の体内以外の例でいうならば、満員電車の状況と同じです。例えば乗車する人全員を血液、電車を血管としましょう。電車の中に人がたくさん溜まるとどうなるでしょう?窮屈で動けませんよね。当然ながら人が乗れば乗るほど電車の動きも悪くなります。万が一重みに耐えられず止まってしまうなんてあったら…、というような形で実際の体内では満員電車状態が常に続いてるという感じです。最終的には脳卒中や心疾患などの病気に掛かって命を落としてしまう可能性も否めません。

ドロドロを引き起こす要因としては、運動不足、栄養の偏り、睡眠不足、ストレス…他にも挙げられます、一つ一つの要因は身近にあり小さいものであっても、それが種類多く積み重なると取り返しのつかない現実が待っています。まさに「塵も積もれば山となる」とはこの事ですね。

血液の調子が悪い身体は症状とも密接に関係しています。「表情に青ざめ」が出る事や「足の浮腫み」「肩こり」他にもたくさんあります。
何故このような症状が出るか…血の巡りが悪いため症状が悪い所に血が溜まりやすくなるという点が一つあります。栄養が詰まって身体に吸い取られた古い血液は、また新しく栄養が詰まってる血液に変えないといけません。栄養が入ってない血液は身体は吸い取れませんがその場にずっと古い血液が溜まると吸い取れないため身体の状態も古くなっていきます。

では血液をサラサラにしないといけない…と焦りを覚える方もいらっしゃると思います。おススメの食べ物をご紹介します。

①青魚
まず一つ目は青魚です。青魚といえばサバやサンマを思いつく方も多いはずです、脂がのってるというイメージもあるでしょう。この脂が血液をサラサラにさせる重要な役割を果たしています。「え、脂とかギトギトしてるし…」と思う方もいらっしゃるでしょう。肉の脂と魚の脂は同じ脂でも違うのです。

肉は「飽和脂肪酸」⇒例えば家族や友達で焼肉した時を考えてみてください。焼いた後の肉汁…肉の脂はとてもサラサラして美味しそうに感じますね。しかし1時間や2時間放置するとどうなるか、白く固まるような感じになるはずです。この白く固まる脂が「飽和脂肪酸」という溶けきれず残る脂となります。もちろん、脂の固まりなので身体にもよくはありません。

対して魚は「不飽和脂肪酸」⇒これは飽和脂肪酸の逆です。先ほどの肉と同じ状況にさせると固まりになりません。サラサラな脂なので是非摂取することをお勧めします。(最近ではサプリでもあるので青魚が苦手な方にも良いかもしれませんね)

②水
まさかの水?て思われる方多いと思います。しかし、この水が肝心なのです。人間の半分以上は水で出来ている為です。血液も養分と水で作られていますのでサラサラな血液を作るためにはこまめな水分補給が必要でしょう。

今回は2つ分紹介しました。まずは騙されたと思って食事から改善してみてはいかがでしょうか。

高脂血症の運動!運動で血管を広げて起こるメリット

今は血液サラサラにするためだとか、動脈硬化を起こさないための食品や生活習慣などがかなり注目されています。
現代人は血液や血管の問題を抱えている方が特に増えていますが、それを運動で解決することができます。
では、運動で血管を広げることで起こるメリットとはいったいどんなことなのでしょうか。

まずは、どんな運動をすることで血管を広げることができるのかということですが、それは、大きく言えば、有酸素運動です。
例えば、ヨガやピラティスが今は世界的にかなり流行っていますが、それ以外にも、ちょっと激しいエアロビクスや、徒歩というのもこれにあたります。
もっと簡単で効率よく全身を動かせるのが、自転車です。
自転車は全身運動なので、筋肉も均等につきますし、ダイエットにも効果的で、しかも簡単にすることができるのです。

では、一体、運動をして血管を広げることでどんなメリットがあるのかというと、以下のものが挙げられます。

1.血液がきちんと流れるから白髪予防になる
実は髪の毛というのは血液からできているものであり、血液が形を変えたものです。
そして、加齢で白髪になるのは仕方のないことかもしれませんが、若白髪で悩んでいるという方も少なくありませんよね。
もちろん、遺伝的なものもありますが、そうではない場合、血液の流れが良くないということが原因の場合も多いです。
それが、運動をして、血管が広がることによって、血液が十分に体のすべての部分に回るようになるので、白髪も徐々に減ってきたり、予防することができるのです。

2.血流がよくなるからダイエットにも効果的
よく言いますよね、血流がよくなることによって代謝がアップするということです。
代謝がアップするということは、脂肪が燃焼するということなので、ダイエットに良いということなのです。
自然と運動をすれば体重も落ちますが、代謝をアップさせることで、体質改善にもつながりますから、運動して血管を広げれば血流がよくなり、さらに体重は健康的に落ちていきます。

3.血流が良くなって女性は「痛み」を避けられる
血管を大きくして、血流がよくなることによって女性にはとてもうれしいことがあるのです。
毎月生理痛などで悩んでいる女性も少なくありませんが、血流がよくなることによってこれがかなり改善されるのです。
そもそも、この生理痛というのは、大体が冷えから来ているものです。
その冷えというのは、血液の流れが悪いからなるものなので、それをよくしてあげることによって、冷えが改善し、痛みも改善するという流れになるのです。
ですから、ヨガなど、体の中から温めてくれる運動をすることによって、こういった痛みから解放され、ストレスなども少なくなるというメリットがあります。

運動で血管を広げることでこんなに日々の生活が変わります。
ぜひ今日からよく歩くようにしたり、ヨガを日常に取り入れて、血管を大きくし、気持ち良い毎日を送りましょう。

高脂血症対策!アスピリンの血液サラサラ効果は患者さんのためだけ

アスピリンは鎮痛剤、解熱剤として広く知られていますが、そのほかに血液を薄める効果もあります。アスピリンには、血液を固めようとする血小板の働きを抑える作用があるからです。こういった薬は抗血小板剤と呼ばれています。19世紀から販売されているアスピリンですが、心臓発作や脳梗塞など血栓により起こってしまった病気をすでに発症した方、または発症するリスクの大きい方には、今でも広く処方されています。

バイアスピリンと言う名前で販売されていて、100㎎の通常鎮痛剤として服用するアスピリンよりも弱くなっています。患者さんは毎日このアスピリンを服用するので、胃ではなく腸で溶けるコーティングのある錠剤になっていて、副作用も少なくなっています。1日1回空腹時を避けて服用することになっていますが、患者さんの中には、どのタイミングで飲むのがベストなのか疑問に思う方も多いようです。

最近の学術調査では、発作の予防のためには寝る前の服用がより効果的だと発表されました。その理由は、血栓に起因する発作が朝に起こることが多いためだそうです。朝方は、血小板や血球の活動が活発になるピークで、血管のつまりを起こしい時間帯のため、血栓による発作を起こすリスクも大きくなります。寝る前にアスピリンを飲んでおけば、朝方の血小板の活動が抑制されるため、発作の防止により効果的だという考え方です。

しかし一方、アスピリンは夜寝る前に飲んだ方が良い、というこの考え方は、アスピリンを服用している患者さんが薬を飲んでいるタイミングの調査統計に基づいたもので、科学的根拠が裏付けになっているわけではないそうです。アスピリンを飲むタイミングが、心臓発作の防止に深く関係していることはない、という見解もあります。アスピリンの抗血小板剤としての作用は中長期的に現れるものであり、服用後は数日その効果を持続するものだ、と言うのです。確かに一理あり、アスピリンを毎日服用している患者が外科手術を受ける前には、手術の5~7日前からはアスピリンの服用を止めるように言われます。アスピリンを飲んでいると血液が薄くなるため、外科手術中の出血が多くなり、また、止まりにくくなるからです。

結局今のところ、アスピリン服用のベストなタイミングは分かっていないのが事実なようです。腸で溶けるようなコーティングがされているとは言え、それでも吐き気、食欲不振、胃痛、腹痛等の副作用があることも知られています。これらの副作用に悩まされることのないようにするためにも、空腹時を避けての服用となっているので、それぞれ自分の飲みやすいタイミング、毎日飲み忘れないようなタイミングで服用するのがよいようです。

アスピリンには血液を薄める効果があるなら、血液サラサラになるために健康な人も毎日飲んだ方が良いのでしょうか。そんなことはないようです。あくまでも、アスピリンの長期的な服用が必要医師に診断された患者さんのみが服用するべきで、健康な人が試すことではありません。健康な人がサラサラな血液を目指すなら、まずは食事、運動、睡眠といったライフスタイルの見直しが一番大切になります。